NEWS


最新のNEWS


09/05(金) 台湾書迷が薦める1冊 何潤東(ピーター・ホー)篇
08/04(月) 自分だったらまず理性的に話し合う
07/23(水) ビビアン・スーの結婚披露宴に参列
07/04(金) ピーター・ホー主演映画 『蜜月酒店(原題)』
01/26(日) 【短片】何潤東宿醉敬老 尾牙打賞300萬
01/07(火) 《英雄之战》曝预告定档3.21 陆毅何润东双雄对决
10/25(金) 何润东为角色疯狂健身 饰演拳击手秀肌肉
09/07(土) 何润东被逼生日许愿结婚 将与孙俪尬收视底气不足
07/25(木) 何润东献出「健康腰围」 为公益代言
07/05(金) 《只要一分钟》开镜 何润东张钧甯谱恋曲
04/27(土) 何润东挑战动作型男 报名《变形金刚4》演员招募
04/07(日) 何潤東、凶悪な坊主頭で後輩を頭突き?AKが生着替えショー
03/08(金) 何潤東がふたたびドラマをプロデュース テーマは結婚出来ない男
[最新のNEWS]
  
最新のNEWS


台湾書迷が薦める1冊 何潤東(ピーター・ホー)篇
もっと台湾2014.6/2付記事より

台湾書迷が薦める1冊 #12 何潤東(ピーター・ホー)篇
http://motto-taiwan.com/2014/06/interview-6/

台湾書迷が薦める1冊 #13 何潤東(ピーター・ホー)篇
http://motto-taiwan.com/2014/06/interview-7/


5月31日公開の原田マハ原作の日台合作映画『一分間だけ』で
献身的な恋人ハオジエ(浩介)を好演している何潤東(ピーター・ホー)。
これまで『T.R.Y.』『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』『着信アリ』など
多くの日本映画に出演し、日本ととても縁の深い俳優です。
中華圏では“全能藝人”(全能のアーティスト)と称される多才なピーターに、
大好きな漫画や映画についてお話を伺いました。

取材・構成=西本有里、プロフィール写真提供:達騰娛樂、「一分間だけ」映画スチール提供:安可電影/崗華影視

#12----------------


もっと台湾(以下、も):漫画を読むのがお好きだと聞いていますが、
小さい頃はどんな本を読んでいましたか。

ピーター(以下、ピ):小さい頃から僕は漫画を読むのも描くのも大好きで、
初めて読んだ本ももちろん漫画でした。
どうやら僕は小さい頃から絵でイメージをつかみ思考するタイプの人間だったようです。
初めて手に取った漫画は確か『ドラえもん』だったと思います。
その後『北斗の拳』や『シティーハンター』など、
あの頃大人気だった日本の漫画を読みまくりました。
小説でいちばん印象に残っているのは倪匡のSF小説『藍血人』です。
小さい頃、僕は宇宙人とか地球外生命体の存在を真剣に信じており、
SFものが大好きだったのです。

も:やはり中華圏の子どもたちの間では倪匡の人気は絶大ですね。
Maydayの石頭(ストーン)も子どもの頃読んだ印象深い小説に
倪匡の『藍血人』をあげていました。

ピ:そうですか!

も:学生時代から長い間カナダで生活されてましたが、
英語と中国語の本、どちらを読むことが多いですか。

ピ:昔は英語の本の方が読みやすかったのですが、
カナダから戻ってきてもう20年近くになりますから、
今は中国語の本も全く問題ないです。

も:成長してからどのような本を読むようになりましたか。

ピ:そうですね。大人になってからは短編小説を読むことはありましたが、
実は今は脚本を読むことが多いので、あまり書籍は読んでいません。
脚本は小説と形式は違いますが、物語を伝えるものです。
ドラマや映画の出演オファーがあった時、僕は脚本を読んでから決めるので、
常時4〜5本以上の脚本を読み込み、どの作品に出演するか考えています。

も:仕事で脚本を大量に読んでいらっしゃるんですね。
いちばん好きな作家もしくは漫画家の方はどなたですか。

ピ:いちばん好きな漫画家は『SLAM DUNK』の井上雄彦さんです。
彼はストーリーテラーとして一流で、構成力にも秀でており、
キャラクター設定も素晴らしい漫画家だと思います。

彼が描く漫画のキャラクターは印象的かつ前向きなエネルギーに溢れていますよね。
『SLAM DUNK』のキャラクターは主役から脇役キャラクターまで
どのキャラクターにもはっきりとした個性があり、とても印象的です。
そしてどのキャラクターにも物語を発展させる力があります。
このクリエイティビティと独創力は
俳優、監督、プロデューサー、脚本家あらゆるクリエーターにとっての鏡です。


#13----------------

もっと台湾(以下、も):原田マハさんのベストセラー小説を原作とした
台湾映画『一分間だけ』に出演されましたが、
この本を受け取った時どのように感じられましたか。

ピーター(以下、ピ):脚本を初めて読んだ時、最近中国で人気のある
特殊効果を大量に使った大規模な映画とは対極にある作品だなと思いました。
日常生活の中で起こる小さな出来事を通して、
僕たちにいろいろなことを考えさせてくれる作品だ、と。

現代社会の中で人間が追い求める物にお金や時間がありますが、
これらを追い求める過程で実は僕たちは自分自身にとってとても重要な物、
たとえば身近にいる人たちへの思いやりを失っているのではないかと思います。
タイミングを逃してしまえば、取り戻すことはもうできません。
僕自身もこの物語を通して、自分の周りにいる大切な人たちとの1分間を大切にすること、
1分でも1時間でもいい、できるだけ多くの時間を
大切な人と過ごすことの重要性を学んだ気がします。

僕が今まで演じて来た役柄は、どちらかというとヒロイックなものが多く、
感情のアップダウンが激しいドラマティックな役柄が多かったんです。
今回演じたハオジエ(浩介)は、今まで演じてきたような役柄とは
大きく違い、生活に根ざした役柄でした。
そういう意味でこのキャラクターのリアリティーを表現することは
自分にとって大きな挑戦でした。観客の方には、
この映画の何潤東(ピーター・ホー)は何潤東(ピーター・ホー)ではなく、
皆さんの生活に普通に存在する男、ハオジエ(浩介)として
受け入れてもらえるんじゃないかと思っています。

も:印象的なドラマや映画はありますか。

ピ:日本のドラマでは『101回目のプロポーズ』(中国語名:101次求婚)と
『東京ラブストーリー』(中国語名:東京愛情故事)がとても印象に残っています。
「東京ラブストーリー」は柴門ふみさんの漫画が原作ですよね。
最近はアメリカのドラマも好きでよく見ます。

映画は北野武さんの作品が好きです。
特に『アウトレイジ』(中国語名:極惡非道)は観る人の心を揺さぶる力があり、
とても衝撃的な作品です。彼のショットは非常にシンプルですが、
リアリティーに溢れています。素晴らしい監督です。
もし機会があれば、北野監督と仕事がしてみたいです。

も:では、本をどのような存在と考えているか教えてください。

ピ:本は、僕たちが子どもの頃とその存在意義が変わってきているのかもしれません。
昔はインターネットがありませんでしたから、知識や情報、
あらゆるものが書籍や漫画・雑誌を通して伝えられました。
僕にとって本は別の世界に繋がる扉のような存在です。
自身の人生とは異なる世界を見せてくれるゲートのような存在です。

も:最後に、日本読者にオススメの中華圏の本を1冊、教えてください。

ピ:台湾で大変有名な作家であり、監督でもある九把刀(ギデンズ)の
『異夢』という作品です。
最近読んだばかりで、サスペンス小説なんですが、非常に突飛で極端な物語です。
登場人物の関係と彼らの友情の描き方が非常に素晴らしく、
とても面白い作品ですよ。ぜひ日本の皆さんにも読んでいただきたいです。

(了)
2014年9月5日(金) No.57

自分だったらまず理性的に話し合う

オリコンスタイル2014.5/28付記事より
http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/page/1157/


気恥ずかしかった、穏やかで優しい男性役

――『一分間だけ』をご覧になられて、どういう感想を持たれましたか?
【ピーター】 昨日初めて完成した作品を観たばかりなんですよ。監督とチャン・チュンニンさんと3人で。僕は3回泣いてしまいました。

――どういうところで泣きましたか?
【ピーター】 犬のリラとのハイタッチ、丘にのぼるところ、そしてラストシーンです。

――犬のリラの演技がすばらしすぎてびっくりしました。
【ピーター】 そうなんです。僕とチュンニンさんとふたりで、リラには演技で負けたねって話していました(笑)。

――ほんとにリラの表情と動きがすごかったです。
【ピーター】 映画の終盤で、リラが具合が悪くなるシーンがありますが、あの撮影のカットがかかった後でも、リラ役の犬は役に入ったままで、ぐったりとして動けない感じで、お芝居から抜け切らない様子すらあったんですよ。

――とはいえ、動物と一緒の撮影で苦労した点もあるのでは?
【ピーター】 僕が演じるハオジエとチュンニンさんが演じるワンチェンがふたりで住んでいた、引っ越す前の小さなアパートのシーンは大変でした。あの撮影の日は本当に暑かったんです。部屋の外でも30度以上あって、室内は40度以上。小さい扇風機があったんですけど、それは犬のために使わないといけなくて……。

――ピーターさんが演じたハオジエという役は、これまで演じてきた役とはまた違った雰囲気だったと思いますが。
【ピーター】 そうですね。すごく穏やかで優しい男性で、普段演じることの多い男くさい役とは違うので、自分でも最初は気恥ずかし気持ちもありました。セリフもゆっくりしゃべらないといけなかったし。でも、大人の女性はこういう男性が好きらしいということも聞きました(笑)。

――気恥ずかしいというのは、どういう感覚ですか?
【ピーター】 どのシーンということはないんですけど、彼の全体的な雰囲気、しゃべり方とか。監督には、あまり声を低くしないように、ちょっと高めに話すようにとも言われました。そういうことが不慣れなので気恥ずかしかったんだと思います。

男性女性にかかわらず求める存在…

――台湾では、この映画の男女のように、男性が家で仕事をしたり家事をして、女性は外でバリバリ働いてというカップルも多いんですか?
【ピーター】 世間の事情をそこまで知っているわけではないんですけど、僕の友人ではなかなかいないですね。どちらかというと、男性も女性も同じように働いているカップルが多くて。やっぱりふたりで働いていると経済的な負担も小さくなりますからね。

――もし、この映画のように恋人が仕事に没頭するあまり関係が危うくなったら、どうすると思いますか?
【ピーター】 自分だったらまず話し合いますね。ハオジエは内向的だし、自分の思いを口に出すことが得意ではないので大変だったと思いますけど、僕の場合は、決定的にすれ違う前に「自分たちの間に問題があるんじゃない?」と理性的に話を切り出して、それでもダメならそこでまた別の道を考えると思います。

――さきほど、ハオジエみたいな男性は大人の女性のウケがいいと言われていましたが、それはどういうところでウケがいいんでしょうか?
【ピーター】 友人から聞いた話では、キャリアウーマンは外で働き詰めで疲れているから、家で恋人がごはんを作って待っていてくれたらいいなと思うことがあるそうです。でも、それは男女ともに同じかもしれません。忙しくなると、男女にかかわらず、そういう存在を求めるということはあるかもしれないですね。

――普段のピーターさんは、家にいるときはどういうふうに生活していますか?
【ピーター】 できるだけ自分をリラックスさせて、時間のあるときは両親と過ごしたり、テレビを観たりと普通に過ごしています。撮影のために、ほとんどの時間を中国本土で仕事しているので、台湾に帰ってきても滞在は数日しかないんです。だから台湾にいるときは、自分に戻る時間という感じです。仕事ではいつも臨戦態勢なので、台湾ではゆっくり休んでリフレッシュして、そしてまた次の戦いに行くという気持ちです。

――髪型がさっぱりされていますが、また歴史もののお仕事をされているんでしょうか?
【ピーター】 1930年代の軍人役を演じる映画の撮影に入っています。監督からは、髪はそのままでいいと言われていたのですが、僕が自分から切りました。役柄としては、顔に傷があったり体に入れ墨もあるようなすごみのある役なので、自分から申し出ました。

――最後に映画をこれから観る人にメッセージをお願いします。
【ピーター】 どこのシーンがお勧めということではなく、映画全編を観て、心でこの映画を感じてほしいと思います。そうすれば、誰もが何かしら得るものがある映画だと思います。

(文:西森路代/撮り下ろし写真:泉山美代子)
2014年8月4日(月) No.56

ビビアン・スーの結婚披露宴に参列

蘋果日報 動画7/23付記事より

http://ent.appledaily.com.tw/realtimenews/article/entertainment/20140723/438687/

何潤東(ピーター・ホー)が、沈建宏(クリス)と共に、ビビアン・スーの結婚披露宴に参列し、
「今は肩の荷を下ろして結婚生活を楽しんでほしい。」と、ビビアンを祝福。
自分の番はいつ?との問いに
「12年前にガールフレンドを紹介するって言ってたのに先を越されちゃったよ。」と笑う。
今は「あまりの忙しさにガールフレンドを(逆にビビアンに)渡すよ。」
と何潤東はジョークを飛ばした。
2014年7月23日(水) No.54

ピーター・ホー主演映画 『蜜月酒店(原題)』

亜洲惑星 華流Spacial
7/4付記事より
http://news.hualiu-special.jp/?eid=1061432

ピーター・ホー(『楊家将伝記 兄弟たちの乱世』)主演の映画『蜜月酒店(原題)』が先日クランクインし、記者会見が開かれました。本作は、キム・ギドクの下で映画制作を学び、『ビー・デビル』『シークレット・ミッション』で韓国のみならず海外からも高い評価を受けたチャン・チョルスの監督第3作目です。
ピーター・ホーは韓国の整形外科医を演じ、共演は中国の人気女優ジャン・ジンチュー、韓国人俳優キム・ヨンミン、マレーシア人俳優のウー・ウェイビンと国際色豊か。
会見でストーリーの詳細は明かされませんでしたが、サスペンス、ブラック・ユーモアといった要素が盛り込まれた映画のようで、プロデューサーのリー・シャオチー曰く、「これまで中国にはなかったタイプの映画」とのこと。
3Dカメラを使用しての撮影となる予定で、“中国版タイタニック”ともいわれる「太平輪沈没事件」を題材にしたジョン・ウー監督の最新作『太平輪(原題)』にも参加している特殊効果チームも韓国から招聘します。
一流のキャスト・スタッフが集結した新しいタイプのサスペンス映画。詳細の発表が楽しみですね!
2014年7月4日(金) No.55

【短片】何潤東宿醉敬老 尾牙打賞300萬

http://ent.appledaily.com.tw/realtimenews/article/entertainment/20140125/333726/

何潤東與師弟「AK」陳奕、沈建宏寒冬送暖,今天一連趕4攤做公益、會粉絲,先在何潤東居住的基隆社區舉行關懷社區老人聯誼餐會,接著至永和的育幼院與小朋友同樂,前往連續9年探訪的獨居老人安養所,關心老人家,最後與200名粉絲一起吃尾牙。

妙的是,昨天是何潤東與AK公司尾牙,3人不免被灌酒,今天宿醉到場,打起精神做公益,何潤東在公司尾牙大灑錢,捐百萬元紅包犒賞員工,再花200萬帶員工到東京、大阪員工旅遊。(陳幼英/台北報導)

アップルデイリー1/25日付記事より
何潤東(ピーター・ホー)と後輩のAKは今日は4日連続のチャリティーイベントに忙しい。
今年で9年目となる一人暮らしの老人の慰問、老人ホーム、孤児院などを訪れた。
また、明日には公式ファン200人との新年会もあるので、3人は当分アルコールから逃れられそうにない。
また、何潤東は今年はスタッフに100万元のお年玉と、200万元で東京と大阪へ慰安旅行に行くらしい。

--------------
※以上、意訳的解釈でした。
2014年1月26日(日) No.53

Page/ [1] [2] [3]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
000929
shiromuku(n)DIARY version 1.31